玉敷神社 本殿 神楽殿.png

本殿

神楽殿






摂社 と 境内社 ( 神社の境内にある小さな社 )

玉敷神社 宮目 天神 琴平.png

宮目神社
( 摂社 )

[ 御祭神 ]
大宮能売神
(おおみやのめのかみ)

[ 由緒 ]

社伝によると、玉敷神社がこの地に遷座される(1620年頃)迄はこの社地の地主神として鎮座し、「式内社」にも記されている歴史のある古社である。

天神社
( 境内社 )

[ 御祭神 ]
菅原道真公
(すがわらのみちざね)

[ 由緒 ]

以前の所在を示す記録は何もなく、創建の時期・由来等不明である。他の境内社と異なり参道脇に鎮座していることから、どこかの邸内社を移し祀ったものではないかと思われる。

琴平社
( 境内社 )

[ 御祭神 ]
大物主命
(おおものぬしのみこと)

[ 由緒 ]

総本宮は言うまでもなく、広く「こんぴらさん」と親しみ呼ばれる讃岐象頭山鎮座の金比羅宮であるが、この社の過去のことを記す古い記録はなく、創建・由来など不明である。



玉敷神社 稲荷.jpg

稲荷神社
( 境内社 )

[ 御祭神 ]
宇迦之御魂神
(うかのみたまのかみ)

[ 由緒 ]

江戸後期(1820年頃)に編纂された武蔵国地誌に「稲荷」と記されて、当時の存在が確かめられる。創建の時期は明らかではないが、江戸時代前期頃から全国的にひろまった稲荷信仰の影響を受けて、その中期頃祀られたものであろう。

八坂神社
( 境内社 )

[ 御祭神 ]
素盞嗚命
(すさのおのみこと)

[ 由緒 ]

古くは「牛頭天王社」と称されていた。今日、「天王様」とよばれるのはこのためである。記録から江戸時代中期の享保年間(1716 – 1736)には既に鎮座していたことが確かめられる。

松尾神社
( 境内社 )

[ 御祭神 ]
大山咋命
(おおやまくいのみこと)

[ 由緒 ]

享保8年(1723)に総本宮京都嵐山鎮座の松尾大社から勧請(神の分霊を遷し祀ること)したことを記す棟札が残っており、創建時期を確認できる唯一の境内社である。なお、現在の社殿は近郷の酒屋中の寛政9年(1797)の寄進によるものである。



玉敷神社 白山 お馬 厳島.jpg

白山神社
( 境内社 )

[ 御祭神 ]
菊理姫命
(くくりひめのみこと)
伊弉諾命
(いざなぎのみこと)
伊弉冉命
(いざなみのみこと)

[ 由緒 ]
過去の記録なく、建立の時期は明らかではない。江戸時代末期、他の所から移し祀られたのではないかと考えられる。なお現在の社殿は平成7年に造り替えられたものである。


神馬舎
( 境内社 )

厳島社
( 境内社 )


秋葉社
( 境内社 )



tamashiki rogo  FF.jpg





玉敷神社の紹介.png玉敷神社の紹介.png

年中行事.png年中行事.png

境内のご案内  R.png境内のご案内  R.png

交通案内.png交通案内.png

おしらせ.pngおしらせ.png


平成の大改修.png平成の大改修.png

たまむすびのつどい.pngたまむすびのつどい.png



twitter  @tamashiki_04430.png



玉敷神社 社務所
347-0105 埼玉県加須市騎西 552-1
Tel : 0480-73-6022
© 2017 TAMASHIKI JINJYA